読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

kyutarom’s blog

今まであたりまえと思ってきたことに感じ眼を向けていくブログです。

33回転と45回転の技術~長崎県西海市 音浴博物館(2)~

 

今回も音浴博物館の中についてです。

 前回の記事。

kyutarom.hatenablog.jp

 

分校づくりの博物館。 

f:id:kyutarom:20150629090633j:plain

館内の写真は許可をとって撮影しています。 

 

入口を入ると昭和を感じるものがたくさんあります。

f:id:kyutarom:20150629091219j:plain

 

まだ、レコード全盛期時代にLP(33回転)版の多く歌を連続して聴けるのに対抗して作られたシングル版(45回転)のオートチェンジャー技術。歌が終わると針がもどり、重ねてセットされたシングル版が一枚だけ落ちてまたスタートするのを実際に動かして見せてくれました。

f:id:kyutarom:20150629091259j:plain

 

1世紀ほど前に英国領事館で使われていたラジオ。残念ながらチューナーの出力が弱くてラジオは聴くことは出来ませんでしたが、スピーカーとして聴くことができました。

f:id:kyutarom:20150629091335j:plain

 

昔のSP版のレコードプレイヤー。すてきな音を奏でていました。

f:id:kyutarom:20150629091417j:plain

 

プレイヤー横のスピーカーのランプの灯りが時代を感じます。重厚につくられていますので音も普段聴く音とは違います。

f:id:kyutarom:20150629091457j:plain

 

ラジオのチューナー部分。電源をつけたこの明るさが良いですね。音は昔を思い出すような感じです。スピーカー部分はこのまま壊れずにいて欲しいものです。

f:id:kyutarom:20150629091532j:plain

 

つづきは次回に。

最後まで見ていただきありがとうございました。

スポンサーリンク

スマートウォッチ